使い方

リビドーロゼの使用期限と保管方法(使う前に要チェック)

更新日:

リビドーロゼに使用期限はあるの?

リビドーロゼの使用期限は、結論から言うと販売メーカーの推奨だと「6ヶ月以内に使い切ってください」とのことです。

 

リビドーロゼ 使用期限 保管

 

また、一般的な香水の使用期限も、「開封後はおおよそ1年以内に使い切る」ことが妥当のようですが、これには次のような理由も存在していました。

  • 開封後はアルコールが常に蒸発してしまう状態にあり、香りや効果も変化してしまうので使用期限前に使い切るのが望ましい(濃度の高いパルファムは変化が激しく、濃度の低いオーデコロンは変化に乏しい)
  • 急激な温度変化、紫外線や酸素の影響によっても、使用期限に関わらず香りや効果が変化してしまう。

このようにリビドーロゼの使用期限にかぎらず、どんな香水でも温度変化や紫外線の影響、さらに大気中に含まれる酸素さえもが原因で、使用期限に関わらず劣化してしまう恐れがあるのです。

というわけで、リビドーロゼの使用期限としては、開封後はなるべく販売メーカーが推奨する6ヶ月以内に使い切ることをオススメいたします。

 

リビドーロゼの保管方法(劣化させないために)

リビドーロゼの保管方法について、先ほどの使用期限の情報を読まれるときっと繊細な香水と思われてしまうかもしれませんが、実はとっても意外な保管方法で、その劣化を最小限にとどめることもできるのです。

 

リビドーロゼ 使用期限 保管

 

ただし、意外と言っても難しい保管方法ではなく、次のように誰でも簡単にできる方法なので安心してくださいね。

・直射日光を避けて、光がなるべく当たらない場所で保管する
温度差がなるべく生じない場所に保管する
・容器を入れ替える際は、小さめの容器に入れ早めに使い切るように使用・保管する

温度変化や紫外線の影響、空気に触れる事による酸化などが香水の劣化につながる主な原因なので、香水を保管する場所に気を付けてあげれば済む話、ということですね。

しかし、おそらくこれを読んだあなたは、実際にこう思ったのではないでしょうか?

「いや、これって普通に箱とかに書かれていたりする内容じゃないの?」と。

まったくその通りですが、そのあとに必ず「じゃあ、これに該当する場所って一体どこなの?」なんて思いますよね?

つまり、本来は一番知りたい香水の保管に適した場所は、「ご使用上の注意」などにも書かれていない場合(書けない場合)が多いので、理屈は分かってもどこに保管してよいのか見当もつかない方が実際には多いのです。

そんな方のために、リビドーロゼのような香水の保管に適した、オススメの場所を提案いたします。

それは、冷蔵庫です。

高温多湿を防ぎ、紫外線を遮断するという、まさにリビドーロゼの保管条件にピッタリの保管場所と言えますよね!

でも、私のオススメの保管方法ではありますが、お試しになる場合には、しっかりとリビドーロゼを密封しないと冷蔵庫に匂いがすこしつく事や、お子様の誤飲に気を付ける必要もありますので、その点はお気をつけください。

ちなみに、妹の場合はリビドーロゼを含む色々な香水を、いい感じのサイズのジップロックに入れてから自分専用の冷蔵庫に保管しているのですが、冷蔵庫に匂いが充満するようなことも、一緒に入っている他の食品にリビドーロゼの匂いが移るようなことも、今のところは起きていないようです。

というわけで、リビドーロゼの劣化を最小限にとどめる保管場所としては、候補の1つとして「冷蔵庫もありなのでは?」ということになりますね。

-使い方

Copyright© リビドーロゼの効果で口コミみたいに彼氏できた?アラサー女子のガチ体験記 , 2019 All Rights Reserved.